ハウスダストはアレルギーの起爆剤?!

ハウスダスト=アレルギーの起爆剤とご存知ですか?

ハウスダストとは室内の微細なホコリのことです。例えば、チリ、ホコリ、ダニやダニの死骸やフン、繊維のクズ、食べかす、犬や猫(ペット)の毛等、人の毛髪・ふけ・垢、植物の花粉や胞子、たばこの煙粒子、工場からの煙、自動車の排気ガスなど肉眼では見えにくいものがあげられます。

ダニアイコン2-horzハウスダストが体内に入るとアレルギー症状やぜんそく等を引き起こす原因になり体にさまざまな悪影響を与えてしまうことがあります。特にダニやカビは人体に有害です。

ハウスダストのもたらすアレルギー症状

【アレルギー性結膜炎】

目の充血、かゆみ、結膜浮腫(白目がぶよぶよになる)

【アレルギー性鼻炎】

鼻水、鼻づまり、発作的なくしゃみ

【気管支喘息】

喘息発作の咳、「ヒューヒュー」「ゼイゼイ」という呼吸音

【アトピー性皮膚炎】

かゆみを伴う皮膚の乾燥と硬化、またはジクジクとした腫れ

ハウスダストの元凶 ダニ

ダニはアレルギーの主な原因

アレルギーの原因は様々ありますが、ダニはアレルギーの主な原因となり鼻炎やアトピー性皮膚炎などのアレルギー性疾患の原因にもなります。特に小児ぜんそく患者の9割がダニの影響と言われています。日本の住宅にいるダニの約90%をしめるヒョウヒダニ。なかでも、その一種であるヤケヒョウヒダニとコナヒョウヒダニの2種類がアレルギーの主な原因となります。

アレルギー体質でない人も防ダニ対策は必要

ダニアレルギー症状の無い方も、一定量以上のダニのフンや死骸を長期間吸い込み続けると、ダニに敏感なアレルギー体質になってしまう可能性が高まる事があります。今はアレルギー体質ではないから大丈夫という方も予防のために防ダニ対策をすることをお勧めします。

特にお子様は注意

生後4ヶ月位までに一定量のダニのフンや死骸などにさらされるとダニに敏感な体質になると言われています。子供は布団・寝具に接触する時間が長いので防ダニ・アレルギー対策はお子様の出生直後から行う必要があります。

ダニの最も繁殖しやすい環境

温度…25度、湿度…60%~80%日本の梅雨明けから夏にかけての気候は好環境で爆発的に増えます。ダニの寿命は2~3か月です。わずか30匹のダニが1か月で成虫となり50~100個以上の卵を産みます。50~100個以上の卵→10週間ほどで1万匹近くに繁殖するといわれています。
ダニが卵を産む場所は布団、畳、じゅうたん、ぬいぐるみ、家具のすき間、部屋の隅などです。

寝具はダニの一番の住みか!?

ダニは暖かく湿った所が大好きで人間のフケや垢をエサにします。これらの条件にピッタリ当てはまるのが、掛け布団や敷き布団などの寝具の中なのです。人は毎日寝具にくるまって5~8時間程度睡眠をとります。その間、寝具の中での発汗(約200cc)や体温でダニに適温を与え、またエサとなる老廃物や髪の毛、老皮膚を落とします。その結果、ダニはたっぷりの水分、エサ、適温がある寝具に集まってくるのです。寝具はまさにダニにとっての天国と言えるでしょう。

人は寝具の中で呼吸をします

アレルギーの主な原因であるダニを含んだハウスダスト、それはアレルギーの起爆剤となります。
ハウスダストは繊維のものに絡み溜まっていきます。特に寝具は繊維でできていてその上に人が数時間寝て過ごすのですから、ダニのエサである老廃物もハウスダストになってしまいます。
私たちは毎日数時間、寝具の中で呼吸をしていますね。
ということは、寝具類に溜まったハウスダストを毎日吸いながら寝ているということになるのです。

☞「寝具ケアいろいろ」へ

投稿日:2016-02-03 更新日:

Copyright© 寝具のハウスダスト除去 クリーンライブ湘南 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.